肌の水分

肌が敏感なので、ファンデーション選択には気を使います。

特に刺激が激しいものだと細かいぶつぶつが出来てしまい、程なく痒くなるのです。

ですので、是非カウンターでサンプルをもらって試してから購入するようにしています。

この間に買ったクリームファンデーションは肌に適しているようですが、これからもしっかりとチェックしてお金を払いたいと思います。

秋冬になって乾燥が激しいため、年齢肌ケア用の化粧水に変えました。

思ったとおり年齢肌に特化した商品ですし、価格も高いだけあって期待したどおりの結果を感じます。

実際、化粧水のみで、肌がもっちりと水気を帯びるので、次の乳液なども薄くのばすだけでいい感じです。

次の日の肌にハリが表れて、ファンデーションも美しくついて十分に感じるので、今後も使用します。

感じやすい肌だと化粧品を決めるにしてもどうして良いか迷いますよね。

特に皮膚につける機会の多いクレンジングはなおのことです。

敏感なお肌な方にお薦めするのがメイク落とし用の乳液です。

これだと素肌への影響があまりない。

商品量が多数なので、皮膚も張りにくいですし、潤いも保たれた状態でいられます。

敏感肌(低刺激性の洗顔料を使って正しく汚れを落とし、しっかりと保湿を行い、肌が乾燥しないように気をつける他、食生活や生活習慣なども見直す必要がありますね)だからって、スキンケア商品(肌の乾燥を防ぎ、保湿するというのが主な役割でしょう)の敏感肌(低刺激性の洗顔料を使って正しく汚れを落とし、しっかりと保湿を行い、肌が乾燥しないように気をつける他、食生活や生活習慣なども見直す必要がありますね)用を使えばいいというものでもございません。

肌の状態は人によって違ってきますので、肌が過敏な状態の時には、必ず使う前にパッチテストを実行して下さいね。

そして、肌の水分を失ってしまわないためにも出来るだけ正しい方法(事前に調べることで失敗の確率を減らせることもあると思います)で顔を洗うことが重要となってきます。

毎日行う顔洗いですが、これまではほとんど洗顔料を重要視せずに買っておりました。

しかし、美容に詳しい友達によれば、休向ことなく毎日使用するものだからこそ、重視しなければいけないとのことでした。

ヒアルロン美潤